梅雨入りはまだ?

アジサイ

6月も後半に入っていますが、6月20日現在、近畿、九州北部、中国、四国はまだ梅雨入りしていないようですね。

近畿地方の平年の梅雨入りは6月7日頃だそうなので、今年はだいぶ遅いですね。
今までで一番遅い梅雨入りは、近畿地方では1958年の6月25日だそうですから、このままいけば記録更新とかになるかもしれませんね(^^;

災害になるような大雨は困りますが、作物に影響が出たり、水不足にならない程度には降ってほしいものです。


さて、久々の更新なので、撮り溜めした写真の一部を貼っておきますね(^-^)

まずはバラ
もう終わりかけてるかもしれませんが、今年もいろんな色の花が楽しませてくれました♪
花言葉は色によってもたくさんありますが、全体的な花言葉は「愛」「美」(^-^)

バラ

赤いバラは「あなたを愛しています」「愛情」「美」「情熱」「熱烈な恋」

バラ

黄色いバラは「愛情の薄らぎ」「嫉妬」「友情」です(^^;


そしてユリ
ユリもたくさんの種類があって、大きな花がたくさん咲いているととてもゴージャスですよね。
ユリも色によって花言葉が違いますが、全体的には「純粋」「無垢」

ユリ

黄色は「陽気」、オレンジは「華麗 」

ユリ

白は「純潔」「威厳」です。

ユリ

ちなみに上の白いユリは、「マドンナリリー」と言って、キリスト教では聖母マリアの象徴としてヨーロッパの絵画に多く描かれているものだそうです。
現在は数が少なくなっており、幻のユリとも言われています。
マドンナリリーの花言葉は「純潔」「汚れない心」です(^-^)

サボテンの花

3月に大腿骨の骨折で入院した母が、おかげさまで今日退院することができました(^^)
いろいろお気遣いくださったお客様もおられて、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
また、ご予約をお取りできないことも多々あり、ご迷惑をおかけした皆様には申し訳ございませんでした(>.<)

病院に通う毎日からは解放されましたが、これからはまた介護生活が始まります。
どの程度自宅での生活ができるかがわからないため、まだしばらくはご予約の受付制限をおこないながらの営業となりますが、できる限り皆様にご迷惑をおかけしないようにがんばっていきますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

ところで今日、実家のベランダを見てみると、なんとサボテンの花がたくさん咲いていました!

サボテンの花

2ヶ月以上も水もやらずに放置していたのですが、さすがにサボテンは強いですね。
周りには雑草がいっぱい生えていましたが、それらはすべて枯れていました。
ということで、枯れ草のせい?できれいな写真にはなってなくてすみません(^^;

サボテンの花

サボテンの花言葉は「燃える心」「偉大」「暖かい心」「枯れない愛」
花を見てると、なるほど〜って思いますよね(^-^)

まだ蕾がいくつもついているので、しばらくは楽しませてくれそうです。
ちっちゃな植木鉢に植えているのがひとつだけあるので、サロンに持って帰ろうかな?

サボテンの花

5月〜6月の営業のお知らせ

金仙寺湖

5月に入って新緑がとてもきれいな時期になりましたね。
写真は西宮市山口町にある金仙寺湖(きんせんじこ)です。
出張アロマの途中に立ち寄って撮ってきました(^^)

さて、みなけんはゴールデンウィークの10連休もすべて営業しましたが、おかげさまで連休中もたくさんの方にご利用いただき、開けた甲斐がありました(^-^)
ありがとうございました。

連休後も予約が埋まる状況がそのまま続いていましたが、その反動なのか、5月13日からの週は、今の時点で空き時間がまだ結構あります(^^;
なかなか予約が取れなかった方は今週がチャンスですので、ぜひぜひご予約を〜

—–

6月までの営業の予定をお知らせしておきますね。(変更する場合もあり)
4月22日から1日も休んでいなかったので、久しぶりにお休みをいただこうと思っています。

【5月】
13日〜18日…通常営業
19日(日)…定休日
20日〜25日…通常営業
26日(日)…アロマのみご予約可
29日(水)…臨時休業

【6月】
全ての日曜定休日

私ごとですが、5月の最終週に母が退院する予定で、また介護生活が始まります。
帰宅後はしばらく様子見する必要があると思われますので、6月は夜間の出張アロマは誠に勝手ながらお休みさせていただきます。(すでにいただいている予約を除く)
何卒ご了承くださいませ。

令和元年!

Nemophila

今日は「令和元年5月1日」。
平成が終わり、令和の時代がやって来ましたね。
大きな災害などのない、明るく平和な時代になってほしいものです。

みなけんはこれからも、皆さまに「行ってよかった」と思っていただけるような、心と体の癒しの場所であり続けたいと思っています。
令和の時代も何卒よろしくお願い申し上げます。

さて、写真の花は「ネモフィラ」です。(平成30年淡路島にて撮影)
4月〜5月に直径2センチほどのブルーや白の花を咲かせる、瑠璃唐草(ルリカラクサ)とも言われる花です。

英語では「Baby Blue Eyes(赤ちゃんの青い瞳)」ですが、花の中心に黒い5つの点があるのが特徴で「Five Spot」とも呼ばれるそうです。

茎が横に広がって伸びるので、一面に咲くとブルーの絨毯のようになってとてもきれいですよね(^-^)

お客様からの情報ですが、大阪舞洲のゆり園のゆりが塩害でダメになったため、今はネモフィラが一面に植えられているそうです。
5月6日までネモフィラ祭りがおこなわれているそうですので、お休みの方は行ってみられてはいかがでしょうか?

花言葉は「可憐」「清々しい心」「どこでも成功」だそうですよ(^-^)

桜の時季もいよいよ終わりですね

兵庫県公館

4月も半ばになり、ソメイヨシノもだいぶ散ってきましたね。
今年は桜が長く咲いたので、お花見に行かれた方も多かったのではないでしょうか。
そういえば、大阪の造幣局の桜の通り抜けも今日で終わりましたね。

さて、上の写真は神戸市中央区にある「兵庫県公館」の入り口です。
先日、買い物の途中にたまたま前を通ったのですが、桜がとてもきれいだったので、おもわず写真を撮ってきました(^^)
桜の花は多少散りかけてはいましたが、古風な建物と桜がとても素敵な雰囲気を醸し出していました☆

兵庫県公館とは、兵庫県のホームページによると


明治35年(1902)年に兵庫県本庁舎として建設され、永きにわたり県政の歩みを刻んできた歴史的文化遺産です。

昭和60年(1985)年に、迎賓館と県政資料館を併せ持つ兵庫県公館として整備されてからは、内外からの賓客の接遇、県政の重要な会議や式典に利用されるとともに、県政の歩みや兵庫の姿などを紹介しています。


明治時代の建物ということなので、100年以上もの歴史のある建造物なんですね。
毎週土曜日(年末年始を除く)の午前10時から午後4時まで、迎賓館部門(知事室、貴賓室など)と県政資料館部門を一般開放しているそうですよ(^-^)

兵庫県公館2

ところで私、花粉に加えて黄砂にのどをやられてしまい、2週間ほど鼻水と喉の違和感で体調がよくなかったため、LINEのアロマ割引クーポンもしばらく配信していませんでしたが、だいぶマシになってきましたので、近日中にクーポンの配信をしようと思っています。(まだ声は変になったままですが(^^;)

今度の大型連休(みなけんは営業しますが…)に向けて、ちょっぴりお得にアロマを受けていただけるようにいたしますので、LINEでお友だち追加をしてくださっている皆様は少しお待ちくださいね(^-^)