柊の花が今年も咲きました♪

柊の花

12月になり、今年も残り1ヶ月を切りましたね。
とは言え、まだ全く実感が湧いていませんが(^^;

さて、今年もみなけんの玄関横に植えている柊(ヒイラギ)の花が咲きました。
毎年この時期に花が咲き、翌年の6月ぐらいに暗紫色の実がなります。

柊の葉には鋭いトゲがあるので、防犯のために玄関先などに、また古くからは邪気の侵入を防ぐとも言われているため表鬼門(北東)に植えられることも多いようですね。

ちなみに、クリスマスの飾りに使われる赤い実がつく「西洋ヒイラギ」はモチノキ科の植物で、このヒイラギ(モクセイ科)と似てはいますが、また別の種類の植物なんですよ〜

花言葉には「用心深さ」「保護」がありますが、やはりこの鋭いトゲがあるためでしょうね。
これとは別に「先見の明」というのがありますが、これはトゲが年月とともに丸みを帯びてくるため、最初の印象で決めつけないで先のことを考えるということから付けられたようです。


さて、少し早いですが、年末年始までの営業についてお知らせしておきますね。
例年だと年末は30日まで、年始は4日から通常営業しているんですが、今回は親の介護の関係で下記のようになってしまいました(>.<;

☆12月1日〜1月5日の営業予定
(下記以外の日は通常営業です)

[12月]
1日(日)定休日
6日(金)15時まで営業
8日(日)定休日
15日(日)定休日
22日(日)定休日
29日(日)定休日*
30日(月)休業日*
31日(火)休業日

* 29日、30日に付きましては、今のところ休業の予定ですが、もしかすると一部ご予約をお取りできることがあるかもしれませんので、その時はまたお知らせしますね。

[1月]
1日(水)休業日
2日(木)休業日
3日(金)16時以降 予約可**
4日(土)16時以降 予約可**
5日(日)16時以降 予約可**

** 1月3日〜5日に限り、ご予約は、前日のみの受付とさせていただきます。
また、キャンセルされた場合は今後のご利用をお断りする場合がございます。

上記の営業予定は今後変更する場合もございますので、ご予約の際は最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。

11月なのにアサガオ?

ノアサガオ

11月なのにアサガオ?

って思われる方もおられると思いますが、この花は別名「宿根アサガオ」「オーシャンブルー」、また沖縄に多く分布するので「琉球アサガオ」などとも呼ばれる、ヒルガオ科の「ノアサガオ(野朝顔)」という花です。
花の時期は、6月頃から11月頃にかけての長期間にわたります。

アサガオは一年草なので毎年種を植えて育てますが、ノアサガオは多年草で自生することも多く、繁殖力も強い植物なので、挿木で簡単に増やせます。
というか、アサガオと違って種はほとんど取れないそうですが…(^^;
また、蔓が数メートルも伸び、丸みを帯びた大きめの葉っぱがたくさん茂るので、緑のカーテンとして植えられることも多いようですよ(^-^)

花言葉は「はかない恋」「愛情の絆」「明日も爽やかに」などがあるようです(^^)


ところで、みなけんにはアロマトリートメント向けの「LINE公式アカウント」がありますが、現在450人以上の方にお友だち登録していただいており、本当に嬉しい限りです(^-^)

LINEでご予約ができるのはもちろん、たまに配信している割引クーポンやくじなどでお得にご利用いただけますので、お友だち追加がまだの方は、ぜひご登録いただければと思います。

なお、公式アカウントは、メッセージを送ってくださった方以外は、どなたがお友だち追加をしてくださったかはこちらにはわかりませんし、個別にメッセージをお送りすることもできません。

もしかしたら、一斉送信ではなく、無作為にお選びした方にかなりお得な情報をお送りするかもしれませんので、ご案内をご希望の場合は、ぜひ一度LINEにてメッセージをいただければと思います(^-^)

友だち追加

d払いも使えます

ダリア

みなけんは10月1日より、キャッシュレス消費者還元事業の5%還元対象店舗として登録され、PayPayのご利用が可能となっていますが、このたび「d払い」もご利用いただけるようになりました(^-^)

なお、専用の機器を利用しますので、機器やネットワークの不調により、利用できない場合もないとは限りませんので、あらかじめご了承ください。

また、ご予約時にお申し付けくだされば出張施術時にも持参できると思いますが、機器の状況により利用できない場合もあるかと思います。
こちらもあらかじめご了承ください。


今日の写真はダリア(Dahlia)

ダリア

天竺牡丹(テンジクボタン)とも呼ばれるメキシコ原産のキク科の花です。
初夏に咲くものや秋に咲くものがあるようで、今も満開のところがあるかもしれませんね。

ダリアは品種改良が盛んにおこなわれ、色や形、大きさなど多種多様の花がありますが、ウィキペディアによると、アメリカ・ダリア・ソサイエティというところが花容を16種類に分類しているようです。(下記のリストはウィキペディアより転載)

  1. フォーマル・ディコラティブ(幅広い花弁の万重咲き)
  2. インフォーマル・ディコラティブ(花弁に変化のある万重咲き)
  3. ストレート・カクタス(細花弁の万重咲き)
  4. インカーブド・カクタス(細花弁が内側に彎曲したもの)
  5. セミ・カクタス(ディコラティブとカクタスの中間)
  6. ポンポン(管状の花弁が球状に万重咲きになったもので大きさが5cm程度)
  7. ミニチュア・ボール(5から9cmほどのポンポン咲き)
  8. ボール(9cm以上のポンポン咲き)
  9. アネモネ(丁字咲きのキクに似た花)
  10. シングル(一重咲き)
  11. オーキッド(一重で花弁が細く丸まったもの)
  12. コラレット(花弁のもとに副花弁があるもの)
  13. ピオニー(半八重咲き)
  14. ウォーターリリー(スイレンに似た花)
  15. フリルド(花弁の先がレース状になったもの)
  16. ノベルティダリア(それ以外のもの)

これに様々な色もあるので、本当にたくさんの種類のダリアがありますね。

ダリア

ダリアの花言葉は「華麗」「優雅」「威厳」「感謝」「栄華
華麗や優雅は、まさにゴージャスなダリアにぴったりですね(^^)
ちょっとネガティブなものでは「移り気」「不安定」があるようです。

PayPayが使えるようになりました

HALLOWEEN

10月になり、これからまた街はハロウィン一色になりそうですね。
みなけんのカウンターにも100均で買ったカボチャを飾りましたよ〜
カボチャの上に座ってるのは、先日ガチャガチャでゲットした、どこかで見たようなキャラクターです(^^;

さて、前回の投稿でQRコード決済を検討中と書きましたが、本日(10/4)よりPayPayをご利用いただけるようになりました!
ちなみにアリペイも利用できますが、使う人はあまりいないかな?(^^;

他の決済方法はまだ検討中で、とりあえずはPayPayのみで行く予定です。

みなけん(湊川健友館)はキャッシュレス消費者還元事業5%還元対象店舗に登録されていますので、来年6月末まではPayPayでお支払いただくとだいぶお得になると思いますよ(^^)

ただし、出張施術の方はご利用いただけませんので、あらかじめご了承ください。


さて、今日の1枚は…酔芙蓉(スイフヨウ)

酔芙蓉

この花はこのブログでも何回かお伝えしていますので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。

この花は朝には真っ白な花を咲かせますが、時間が経つにつれだんだんとピンクに染まっていき、夕方には赤くなり、1日でしぼんでしまいます。
白い花がだんだんと赤くなる様が、お酒に酔って赤くなるのになぞらえて「酔」という字がつけられているんですね。

写真は午前中のほんのりピンクがかった花ですが、その上の方に前日に赤くなってしぼんだ花が見えています。
色がかなり違うのがお分かりいただけると思います。

芙蓉にはいろんな種類がありますが、酔芙蓉は特に美しい花で、大好きな花です(^-^)

花言葉は「心変わり」「繊細な美」「しとやかな恋人」「幸せの再来」です(^^)

栗は英語で?

栗

道端で栗(クリ)の実を見つけました(^-^)
暑さはまだまだ厳しいですが、それでも一歩一歩秋が近づいて来ているようです。

ところで、栗を英語でいうと・・・?

マロン」?

今の今まで私はそう思っていました(^^;
そう思ってる人、私以外にもきっといますよね?
え?私だけ?(^^;

実はマロン(marron)はフランス語で、英語ではチェスナット(Chestnut)と言うようです。

Wikipediaでちょっと調べてみたところ、マロンというのはブナ科クリ属のシャテニエ、あるいはトチノキ科トチノキ属のマロニエの実のことなんですが、マロニエの実は有毒で食用に適さないので、一般的にはシャテニエの実のことを指すようです。

そして、ニホングリ(和栗)のように、イガの中に2〜3個の小さな実が入っているものをシャテーニュ、1個の大きな実が入っているものをマロンと呼んで区別しているそうです。
確かにお菓子のマロングラッセって、一個の実が大きいですよね(^^)

とは言え、実際はあまり区別なくマロンと呼んでるようですけどね〜

それともう一つ、ニホングリは渋皮が実にくっついているので剥くのがとても困難で、直下の実と一緒に削り取る作業が必須だそうです。
そういえば、瓶詰めに入っているクリなどは、実が削り取られているように見えますよね。

それに比べて中国原産のシナグリは、渋皮が実に密着していないので、天津甘栗のように煎ったものは、手などで簡単に実を取り出すことができます。

秋になったら、栗を使った美味しいスイーツがいろいろ出るんでしょうね〜♪
なんて、女子みたいなことを言ってますが、美味しいものは美味しい!
ですよね?(^^;