GWも営業します

また緊急事態宣言が発出されましたが、当サロンは、昨年から続けている感染拡大防止策を取りながらの縮小営業を、この先も継続していく予定です。

4月29日からのゴールデンウィークにつきましては、定休日の日曜以外は営業いたしますが、換気、消毒等に時間を取るため、お受けするご予約の数を限らせていただきますので、あらかじめご了承くださいませ。

なお、不要不急の外出の自粛を要請されている現状、サロンにお越しになりにくい場合は、出張施術をぜひご利用ください。
通常、出張は女性専用アロマトリートメントのみですが、緊急事態宣言が出ている間は、整体につきましてもお受けできるようにいたしますので、お気軽にお問い合わせくださいね。(整体は別途出張費が加算されます)

とてつもないストレスで辛い思いをされている方もたくさんいらっしゃると思いますので、心身の癒しを求めたい時には、ぜひお声をかけてくださいね(^-^)

これから先、感染者数が劇的に減り、緊急事態宣言が早く解除されるように願うばかりです。



さて、今日の1枚は牡丹(ボタン)です。

ボタン

中国西北部原産の落葉低木で、名取草(ナトリグサ)、二十日草(ハツカグサ)、富貴花(フウキカ)、富貴草(フウキグサ)、百花王(ヒャッカオウ)などたくさんの別名を持ちます。
花期は一般に4〜5月なので、今の時期、百花王と呼ばれるのも納得のとても大きく美しい花を見ることができます(^-^)

ちなみに、根の樹皮部分は牡丹皮(ボタンピ)と言われる生薬として、婦人病や鎮痛などの漢方薬にも用いられています。

そうそう、とても似た花に芍薬(シャクヤク)があります。

どちらもボタン科の植物で、英名はどちらもピオニーなんですが、簡単に分けると、牡丹は木、芍薬は草ということになります。
また牡丹のつぼみはバラの花のように先が尖っていますが、芍薬のつぼみは丸い形です。
葉っぱも牡丹はつやがありませんが、芍薬はツヤがあるなどの相違点があります。

牡丹園がある公園やお寺なども結構あるようで、観に行ってみたいですが、外出しにくい今の時期はなかなか難しいですね…残念。

牡丹の花言葉は「富貴」「王者の風格」「高貴」「恥じらい」などがあるようです(^^)

4月の営業予定

八重桜を除いて桜の季節がほぼ終わりましたが、芝桜やネモフィラなど、また目を楽しませてくれる花の時期になりましたね(^-^)

また街中では、街路樹や公園樹などとして植えられたハナミズキがキレイな花を咲かせていますね。下の写真はハナミズキです。

ハナミズキ

ハナミズキは別名アメリカヤマボウシとも呼ばれるようにアメリカ原産の花で、大正時代の初期に、東京市長がワシントンに桜の苗を贈った返礼として日本に入ってきました。
花びらに見えるのは総苞(そうほう)で、中心に見える黄緑の部分が花の集まりです。

ハナミズキ

ハナミズキの花言葉「返礼」「私の想いを受け止めてください」「永続性」などがあるようです(^-^)


さて遅くなりましたが、4月の営業予定をお知らせしますね。

11日(日)定休日
18日(日)定休日
25日(日)定休日
29日通常営業

ゴーデンウィークの営業予定は決まり次第またお知らせいたします。


先日、散歩がてら兵庫大仏で有名な能福寺に参拝してきました。
兵庫大仏は全高18メートル、座高11メートルで、奈良東大寺、鎌倉の大仏とともに日本三大大仏のひとつに数えられたことがあります。

ただ、この大仏は平成3年(1991年)に再建された2代目で、そのちょうど100年前の明治24年(1891年)に造営された初代の大仏は太平洋戦争の時に金属類回収令によって供出されました。そんなこともあり、戦後においては三大大仏の3尊目はハッキリとは決まっていないようです。

兵庫大仏

能福寺へは受付終了時刻の16時直前に着いたのですが、快く御朱印をくださいました。

能福寺御朱印

中央の文字は、十一面観世音菩薩を表す梵字「キャ」だそうです。

3月の営業予定

2月もあっという間に終わって、なんともう3月。
暖かい日も増えてきて、いよいよ春の足音が聞こえてきましたね(^-^)

 ただ、花粉も増えてきたので、花粉症の私としてはちょっとつらい季節でもあります(>.<)


さて、桜のソメイヨシノが咲き始めるのはまだ少し先ですが、前回の投稿でも少し写真を貼った河津桜(カワヅザクラ)の花がたくさん咲き始めました。

河津桜は、大島桜(オオシマザクラ)と寒緋桜(カンヒザクラ)の自然交雑から生まれた日本原産の桜で、静岡県の河津町に原木があるということで、河津桜と名付けられています。
ソメイヨシノがパッと咲いてパッと散るのに比べて、河津桜は長く楽しめる桜で、それはそれでいいですね〜

河津桜

メジロが蜜を吸いに来てたので写真を撮りましたが、遠目からスマホの望遠で撮ったので、かなりピンボケしてしまいました(^^;

メジロ

下の写真は、河津桜の近くに咲いていた十月桜(ジュウガツザクラ)です。

ジュウガツザクラ

この桜は秋と春、一年に2回咲くそうですが、去年の秋からずっと咲いているような気がします。
淡い色の小ぶりの花がぽつぽつと控えめに咲くので、他の桜に比べてあまり華やかさはありませんが、そういう控えめなところが可愛く思えたりもします(^-^)
意外な時期に咲くので、こんな時期に桜?と驚く人も多いかもしれませんね。


さて、ようやく本題の3月の営業予定です(^^;
日曜は定休日ですが、LINEやメールでのお問い合わせ等はお受けできることも結構ありますので、お気軽にどうぞ(^^)
20日(土)の春分の日は通常営業いたします。

7日(日)定休日
14日(日)定休日
20日通常営業
21日(日)定休日
28日(日)定休日

兵庫県の緊急事態宣言が2月末で解除されましたが、みなけんは引き続き営業時間の短縮を当面継続する予定ですのでご了承くださいませ。

梅の季節

今年に入って、花の写真をまだ全然撮れてなかったので、久しぶりに撮ってきました。

今回は、明石市二見町にある「御厨神社(みくりやじんじゃ)」が梅で有名というのを聞いて、空き時間を利用して行ってきました(^-^)

梅の花
梅の花
御厨神社

きれいに咲いている木も多かったですが、まだまだツボミがたくさんついている木もあったので、まだしばらく楽しめるかもしれませんね。

梅の花
梅の花

御厨神社の所在地は、兵庫県明石市二見町東二見1323
車だと、第二神明道路の明石西インターから10分ほどです。
無料の駐車場もありますし、平日だとそれほど混むこともなさそうで、ゆっくり見られますよ(^-^)

ちなみに「梅」の英語名はWikipediaによると「Japanese apricot」だそうです。
ただ、日本名の「Ume」でも通じるようですね。
例えば「梅の花」は「Ume blossom」でいいみたいです。

梅=plum(プラム)だと思っていましたが、プラム単体ではスモモのことを指すみたいですね。ただ、「Japanese plum」でも通じるそうですよ。

花言葉は「上品」「高潔」「忍耐」「忠実」です。


あ、そうそう、実家の近くにある「河津桜」の花が咲き始めましたよ〜

河津桜
河津桜
河津桜

これからが楽しみです♪

一年が早い…

今日から12月。いよいよ今年も残り僅かとなりましたね。
新型コロナのせいもあって、今年は特に短く感じた方も多いのではないでしょうか。

陽性者の数が全国的に増えつつありますが、これからも感染拡大防止対策に細心の注意を払いながら、12月も頑張っていきたいと思いますので、今月もよろしくお願いします。

なお、年末は12月29日まで、年始は1月4日から営業する予定ですが、確定したらまたお知らせしますね。


さて今日の1枚は、「(ヒイラギ)」です。
みなけんの入り口の横に開業時から植えているのですが、さすがに26年以上も経つと大きく育つもんですね。2階に届くんじゃないかと思うぐらいです。
茂りすぎるとご近所に迷惑になるので、たまに枝を切ってはいるんですけど、まだまだ切らないとダメかも…(^^;

ひいらぎ

今は小さな白い花が満開となり、同じモクセイ属の金木犀(きんもくせい)に似た、とてもいい匂いを漂わせています(^^)

花の時期は11〜12月で、翌年の6〜7月頃に暗紫色の実がなるんですが、この頃には、よくヒヨドリがこの実を食べに来ます。そしてその鳥が種をどこかに運ぶことになるんですね〜

12月にヒイラギというと、クリスマスの飾りに使われる赤い実のものを思い浮かべる方もおられると思いますが、あれはモチノキ科モチノキ属のセイヨウヒイラギで、モクセイ科モクセイ属のヒイラギとは別種になります。

花言葉は「用心深さ」「保護

魔除けや泥棒よけにもなりそうな、触るとかなり痛いトゲトゲの葉っぱを見ると、なるほど〜って思いますね。