梅の季節ですねー

3月になり、梅があちこち見頃となっているようですね。
写真は南あわじの「八木のしだれ梅」です。
このしだれ梅は、普通の民家の庭にあるしだれ梅を一般に公開しているそうですが、あまりに見事でびっくりしました。

木の大きさといい、花の多さといい、こんな立派な梅の木は初めて観ました。

実はこれ、午前中の予約が空いた時に思い立って、急いで車で行って写真を撮り、急いで帰ってきて仕事をしたのですが、なんとか間に合ってよかったです(^^;

しだれ梅といえば、京都の城南宮もきれいだそうですが、さすがに京都は出張でも入らない限り行けないかなぁ…
チャンスがあれば突撃したいですけどね(^^;

下の写真は別の梅の木ですが、梅の花の蜜を吸いにメジロがやってきたので、写真を撮ってみました。
ただ、あまりにちょこちょこ動くのでなかなかうまく撮れず、なんとか写ったのを1枚だけ貼りますね〜

梅にはウグイスというイメージがありますが、実際は警戒心の強いウグイスがこんなところに出てくることはほとんどないので、梅に来ているウグイス色の鳥はほとんどメジロなんですよね。

日本をはじめとしアジアに分布する鳥ですが、英語では「Japanese White-eye」というので、日本の鳥と言ってもいいかもしれませんね。

メジロはスズメ目メジロ科メジロ属の鳥で、スズメよりも少し小さい小鳥なんです。
かわいいですね(^-^)

今なら梅の木があれば、メジロを見ることができるかもしれませんよ〜

 

 

キャンドルトリートメントの一部変更につきまして

今年もあと1週間ほどになりましたね。
何かとバタバタする時期でしょうけど、こんな時にもたくさんのご予約をいただき、本当にありがたいことです(^-^)

24日のクリスマスイブも、おかげさまでご予約はほぼ埋まりましたが、夜の出張アロマのみご予約可能ですので、よろしければご予約いただければと思います。
(23日18時現在)
でも、さすがにイブの夜にご利用の方はいないかな?(^^;

ところで、冬限定のキャンドルトリートメントですが、本日以降のご予約につきましては、60分コースのみ、施術に使ったキャンドルの残りをお持ち帰りいただけるようにしました。(若干の料金変更があります)

キャンドルはイタリア製で、全身に使用しても約4回分はあります。(定価約6,000円)
使い方は難しくありませんので、火の取り扱いにご注意いただければ、ご自宅でもトリートメントできますよ〜

ただ、残りもわずかとなっており、今季の再入荷予定もありませんので、キャンドルがなくなり次第、キャンドルトリートメントは終了となります。
あらかじめご了承くださいませ。

さて、久々の今日の1枚は山茶花(サザンカ)
冬の花の定番ですよね。

でも漢字を見てみるとおかしくないですか?
「さんさか」って読めますよね?

ウィキペディアによると、「さんさか」、あるいは「さんざか」と呼ばれていたのが、いつのまにか「サザンカ」に音位転換したものが定着してしまったそうです。

ツバキ科の花だけあって、ツバキにとても似ているのですが、ツバキの花は平開しないのと、花は丸ごと落ちるのに対して、サザンカは花は目一杯開きますし、花びらがパラパラと落ちるので、それで区別がつくと思います。

たくさんのサザンカが咲いているところは、花びらが落ちると、まるで赤い絨毯のようになって、それはそれできれいですよね(^-^)

みなけんの入り口にもほんの少しですが、サザンカが咲いています。

花言葉は「ひたむきさ」「困難に打ち勝つ」、赤い花限定で「あなたがもっとも美しい」というのがあるようです(*^_^*)

 

スーパームーンとエビの抱卵

medaka2016

お客様に6匹のメダカをいただいて、今日で丸4ヶ月になりました。
それが増えに増えて100匹を超え、数人のお客様にもお願いして、80匹ほど貰っていただきましたが、それでもまだ数十匹います(^^;
まさかこんなに増えるとは…

それとメダカを飼い始めてしばらくしてから、メダカの餌の食べ残しを掃除してもらうために、ミナミヌマエビという小さなエビを近所の金魚屋さん?で10匹飼ってきたのですが、それがまた増えて、40〜50匹ほどになってしまいました。

エビは始めの頃に卵を産んだきり、しばらくは卵を産んでいなかったのですが、今朝水槽を見ると、なんと2匹が同時に抱卵していました(@_@;)
(ミナミヌマエビは産んだ卵をお腹に抱えて育てるので、抱卵と言います)

minami201611
(お腹に黒っぽい卵を抱いているのがわかりますでしょうか?)

エビなどは満月や新月の時に産卵しやすいというのを聞いたことがあったのですが、昨日はまさに今年最大の満月「スーパームーン!」

こんな日に同時に産卵、抱卵するなんて、やっぱり関係あるんですねー

昨夜はあいにくのお天気でお月さんを見ることはできなかったし、ましてや室内で飼ってるエビなのに、なんらかのことで満月がわかるのかもしれませんね。
すごいです。

さて、この卵が無事に孵ると、またエビが増えてしまいます(^^;
メダカもまだ増えてるし、この先どうなることやら・・・

 

 

14年ぶりのお客様

ichou

立冬(11/7)も過ぎ、神戸でも六甲山の高山植物園など、紅葉が見頃になっているところもちらほら増えてきているようですね。
写真は西区にあるイチョウの木です。

 

ところで昨日、なんと14年半ぶりのお客様がお越しくださいました!

数年ぶりとか、7〜8年ぶりぐらいまでのお客様ならたまにおられますし、20年以上ずっと通ってくださっているお客様はおられますが、さすがに14年以上ぶりにお越しいただいたというのは記録かもしれません(^^;

そのお客様は、その頃にO脚矯正で通ってくださっていたのですが、ある時に渡米されてしまいました。
今もアメリカにお住まいだそうで、今回は日本へ来られる機会があったという事で、わざわざ当院を探してご予約くださったそうです。
みなけんを覚えてくださってたなんて、ほんとに感謝感激です(TvT)

また日本に来られる時にはご予約くださるとのことでしたので、まだまだ当分の間はみなけんを閉めるわけにはいかんなぁ…なんて思ってます(^^;

 

キャンドルトリートメント

LINEのお友だち限定で先行スタートしていた「キャンドルトリートメント」が今月15日よりいよいよスタートしました!

お肌が乾燥しやすいこれからの時期に向けて、保湿や美肌作りにぴったりのシアバターをたっぷり配合したキャンドルでケアしてみませんか?

コースは60分と30分ですが、お肌になじませたのちに余分なシアバターを拭き取りますので、若干お時間に余裕を持ってお越しくださいね。
なお、いずれもご希望の部位をお選びいただけます。(全身ではありません)

秋冬限定のメニューですので、この機会にぜひご利用いただければと思います(^-^)

 

さて、ブログの更新をサボり気味でお花の写真も載せていなかったので、今日は少し載せてみました。
Instagramでもたまにシェアしているので、よければそちらもご覧くださいね。
みなけんのHPのトップページ下から見ることができますよー

 

今日の花は「ダリア
(キク科、メキシコの国花)
dahlia1610d

今、あちこちで見頃を迎えているようですね〜
花が大きくて、色も美しく、とてもゴージャスな花です。

dahlia1610a

花の形が牡丹にも似ていることから、和名としては天竺牡丹(てんじくぼたん)と呼ばれたりもしますね。

dahlia1610b

グラデーションがとっても美しいです♪

dahlia1610c

花言葉は「華麗」「気品」「優雅」「感謝」など素敵なものがありますが、「移り気」「裏切り」「不安定」などのネガテイブなものもあるようです(^^;

でも、とにかくこの華やかな花を見ていると、とっても元気になれそうな気がします(^-^)