余震が来ませんように

昨日(18日)の地震の揺れ、凄かったですね。

阪神大震災で被災した身としては、あの時の恐怖が再び蘇りました。

今回の地震は阪神大震災ほどではなくても、人的被害も含めて、あちこちで大きな被害が出たようですし、交通機関がマヒしたり、大混乱の一日になりましたね。

今後の余震がとても心配ですが、それ以上に、今回の地震がまさかの予震(前震)でありませんように…

 

さて今日は、睡蓮(スイレン)の写真を少し…

waterlily

睡蓮は池などの穏やかな水面に浮かんでいて、とても綺麗な花が心を癒してくれます。

日本では、スイレン属で白い花を咲かせる「ヒツジグサ(未草)」のみが自生し、他は品種改良されたものや外国から入ってきたもののようです。

「睡蓮」は、咲いている時間と閉じている時間があるので、睡(ねむ)る蓮ということで名付けられたそうです。

また、未草(ヒツジグサ)という名前は、未の刻(午後2時ごろ)に花を咲かせることからつけられたそうですが、実際は朝から夕方まで咲いていますよね。

太陽の出る頃から日没頃まで咲くことから、古代エジプトでは太陽のシンボルとして、さまざまな装飾に使われたり、神話に出てきたりもするようです。

花言葉の一つ「信仰」はこの辺りからきていると言われています。

waterlily

英名はWater lily

花言葉は「清純な心」「純粋」「潔白」「信頼」「信仰」などがあるようです。

みなけんではメダカを飼っているので、本当は睡蓮鉢を置きたいんですが、店の前に置いてたら、きっとすぐに盗られちゃうと思うので、なかなか思い切れません。

waterlily

最後に睡蓮と「蓮(ハス)」の違いを簡単に…

睡蓮は葉に切り込みがありますが、蓮にはありません。

睡蓮は水面(温帯睡蓮)、あるいは水面の少し上(熱帯睡蓮)に花を咲かせますが、蓮は水面よりだいぶ上のほうに花を咲かせます。

また、睡蓮の葉は水を弾きませんが、蓮の葉は撥水加工をしたように水を弾きます。

これぐらいでも区別はつくと思いますよ〜

今回の睡蓮の写真は「神戸どうぶつ王国」で撮ってきました(^-^)

 

紫陽花の季節

6月に入って、アジサイ(紫陽花)もだいぶ見かけるようになりましたね(^-^)
形によってホンアジサイやガクアジサイ、そして色も青、赤、ピンク、紫などいろんな種類のアジサイが目を楽しませてくれます。

アジサイの原種は日本に自生するガクアジサイ(上の写真)だそうで、それがヨーロッパなどで品種改良されたものが各地で広く栽培されているそうです。

アジサイの花に見える部分は萼(ガク)が大きく変化した装飾花と言われる部分で、上の写真のガクアジサイの真ん中部分にある小さいのが花の部分(両性花)なんです。
なので、例えば下の写真のアジサイはほとんどの部分が装飾花となっています。

萼(装飾花)にはアントシアニンという色素があり、土壌の酸性度によって色が変わるそうで、一般に「酸性ならば青、アルカリ性ならば赤」と言われています。
また、土壌の質とは別に花の老化によっても色が変わっていきます。

こうして色が変わるので、アジサイは別名「七変化」「八仙花」などとも呼ばれます。

ただ、白いアジサイはアントシアニンを含まないので、土壌の質に影響されずに白いままだそうです。

掲載した写真は今年のものではなく、一昨年、森林植物園で撮影したものです(^-^;

 

アジサイの花言葉は「一家団欒」「家族の結びつき

これは小さな花(萼)がたくさん寄り添うように咲いていることから来ているんでしょうね。

それとは別に、色が移り変わることから「移り気」、雨の中を耐え忍ぶように咲いているように見えることから「辛抱強い愛情」なんてのもあるそうです。

(参考文献:ウィキペディア)

27日は16時以降ご予約可能です

まずはお知らせから…

5月27日(日)は定休日ですが、16時以降のご予約をお受けいたします

ただし、メニューはアロマトリートメント出張も含む)のみとさせていただき、ご予約の受付は、お電話は当日10時より、メール、LINEは前日20時以降のみとさせていただきますので、ご了承くださいませ。

 

さて、今の時期はバラを始めとして、いろんな花がきれいに咲いていますが、道端にもとてもちっちゃくて、かわいい花が咲いていたりします(^-^)

この花は「野原撫子(ノハラナデシコ)」といいますが、花がとってもちっちゃくて、1センチもないぐらいです。(高さは30〜60センチぐらいにもなるみたいですが)
小さくてピントがうまく合わなかったんですが、なんとか写真を撮れました(^^;

花言葉は残念ながら見つかりませんでした(>.<)

 

もう一枚は「勿忘草(ワスレナグサ)」

こちらも小さな花でヨーロッパ原産ですが、同じワスレナグサ属で、この花にとてもよく似た「エゾムラサキ」は日本に元々自生しているそうです。

英語名は「forget-me-not」、そのままですね(^^;

花言葉は「私を忘れないで」「真実の愛」

小さな花も可愛いですね(*^ω^*)

 

青もみじに癒されて♪

先日、久しぶりに京都まで出張施術に行って来ましたよ〜
せっかく京都へ行くんだし、これはぜひどこかへ立ち寄ろうと思って、いろいろ調べてみたら、今は青もみじが綺麗だという記事を見つけました(^-^)

そして、出張先の近くにあったのが瑠璃光院
[京都市左京区上高野東山55]

比叡山麓の八瀬にあるんですが、4月15日〜6月15日は春の特別拝観をおこなっているそうです。(拝観料は2千円)

門をくぐるとすぐに庭があるんですが、もみじや苔の緑がとても美しくて、それだけでもすでに癒されます。
そして建物に入り、2階へ上がるとピカピカに磨かれた机が置いてあり、そこに映り込む青もみじのこれまた綺麗なこと☆

上の写真の下半分は机に映り込んだもみじです。
秋の紅葉の時期は、これまた綺麗なんでしょうね。
ここはめちゃくちゃオススメです!

 

そして次は、瑠璃光院から1km足らずのところにある蓮華寺へ。
[京都市左京区上高野八幡町1]
拝観料は大人400円です。

天台宗のお寺だそうですが、ここも門を入ったところから緑が美しく、また建物内から見える庭園もてとても素晴らしいものでした。

紅葉といえば真っ先に秋の紅葉を思い浮かべますが、この時期の青もみじの緑がこんなにも美しく、心が癒されるものだとは思いもよらなかったです。
とても心地よい時間を過ごせました(^-^)

他にもきっといろんなところに名所があるんでしょうね。
皆さんも、ぜひ行ってみられてはいかがでしょうか(*^-^*)

 

ご当選者が決定しました

昨日(4/22)はアロマトリートメント無料ご招待キャンペーンの抽選日でした。

今回は前回の繰越ということで、期間も短く設定し、周知もあまりできていなかったためか、ご応募が11通だけ(それもすべてリピーター様)という寂しい状況でした(^^;

それでもこうして11人の方にご応募いただけて、とても嬉しく思っています。
ありがとうございました(^-^)

そして今回の抽選の結果、枚方市在住のY.Yさまが当選されました。
おめでとうございます!
とても遠いですが、ぜひ期限までにご利用いただければと思います。

残念ながら当選されなかった皆様はごめんなさい(>.<)
これに懲りずに、またいつかチャレンジしていただければと思います。

さて、この時期はいろんな花が目を楽しませてくれますが、その中でも芝桜はとても美しいですね。
ひとつひとつはとても小さな花ですが、狭い間隔で一斉に咲くので、まるで花の絨毯のようですね〜(*^_^*)

北米原産の花で、桜のような花が地面いっぱいに芝のように咲くことから芝桜と名付けられたようです。

このあたりでは、三田市永沢寺の芝桜園「花のじゅうたん」と姫路市夢前町のヤマサ蒲鉾株式会社内の「芝桜の小道」が有名ですね。

写真はすべてヤマサ蒲鉾さんの芝桜です。
5月6日まで無料開放してくださっているので、ぜひ見に行かれてはいかがでしょうか?
美味しい蒲鉾なども販売しているので、行く価値ありですよー!

芝桜の花言葉は、花が集まって咲くことから「合意」「一致」だそうですが、色によっても花言葉がいろいろあるようです。

白や青色系は「燃える恋」「きらめく愛
これは芝桜の英名の「モスフロックス」のフロックスがギリシャ語の「炎」が由来となっているため、青白く静かに燃える炎が連想されるところから来ているようです。

濃いピンクは、派手なイメージがあるためか「私を拒否しないで

淡いピンクは、小さな花(弱い花?)がたくさん集まることから「臆病な心

一つの花でもいろんな意味の花言葉があるんですね(^-^)